1. 選択
2. 入力
3. 確認
4. 支払
5. 配送

スリランカ 公式渡航・入国書類

スリランカ への渡航書類を入手できます。
Skygate-visa.com (ドキュモンド) のサービスで、以下の書類を簡単に作成・提出できます。まず要件を確認、ログインします。続けて、渡航情報を入力、ワクチン接種証明書などをアップロードし、送信するだけです。あとはSkygate-visa.comにお任せください。

出国前および入国到着時の必要条件を理解するために、以下の各書類をご確認ください。

観光査証 ¥5000

詳細な要件を表示

1. eビザ:(Sri Lanka ETA) 作成する場合は ログインまたは登録をクリック。
2021年2月2日より、渡航者は全て、到着前に Sri Lanka ETA の入力が必要です。
2. 有効期間: 入国日から30日間。6ヶ月まで延長可。
3. 査証発給:提出から72時間以内。現在発給停止。当面査証は必要。
4. パスポート:残存有効期間が入国予定日より6ヶ月以上 あること。 査証欄余白は見開き2ページ必要。
5. 条件:観光、友人・親戚訪問、治療目的(アーユルベーダ含む)。
6. 入国回数:観光ビザは二次
7. 滞在可能期間:入国日より30日間
8. 滞在延長: 初めの30日間が終了した際、60日間延長できる。その後、2度目の延長でさらに90日延長できる。但し、入国日から180日を超えないこと。
入国管理局 お問い合わせ
9. 出国する証明:次の目的地へ行くための必要書類(該当者のみ)、滞在中の必要資金、往復または次の目的地への購入済み航空券。
10. 参考情報ウェブサイト(英文)

米Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
CDC: Traveler's Health
CDC: Traveling to Sri Lanka

世界保健機関 (WHO)
WHO: General Travel Advice
11. 予防接種又は予防薬の国際証明書 (INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)(英文): 以下のリストにある国から出発し、10日以内に到着する、1歳以上の渡航者は提出必須。乗り継ぎでこれらの国の空港に12時間以上滞在した渡航者も含む。

黄熱ワクチンと追加接種は一生涯有効であり、月齢9ヶ月以上から受けることができます。
12. 以上の要件: 急に変更される可能性もあるため、最新情報については お問い合わせ または大使館へご確認ください。
13.

入国条件

日本在住者は制限が

少なくなっています



完全なワクチン接種を受けた旅行者は、出発前および到着後のCOVID-19 PCR/ Rapid Antigenテストが免除されます。

検疫は必要ありません。

子供には到着時のPCR検査はなく、両親との旅行が許可される。

すべての旅行者(完全な予防接種を受けているかどうかにかかわらず)に、1ヶ月75,000米ドルをカバーする12米ドルのCOVID 19保険が義務付けられています。サインインで利用可能です。

2021年2月2日より、休暇目的の渡航者は全て スリランカETAを入手する必要があります。

到着・滞在の条件 "Hello Again" (英文)and Brochure (01/06/2021)(英文)

IATA トラベルマップ 世界各国の入国規制(英文)

CDC Covid-19 トラベルマップ 渡航先別(英文)

今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日:2022/05/31
  collapse
商用査証 ¥5200

詳細な要件を表示

1. eビザ:(Sri Lanka ETA) 作成する場合は ログインまたは登録をクリック。
2021年2月2日より、渡航者は全て、到着前に Sri Lanka ETA の入力が必要です。
2. 有効期間: 入国日から30日間。6ヶ月まで延長可。
3. 査証発給:提出から72時間以内。現在発給停止。当面査証は必要。
4. パスポート:残存有効期間が入国予定日より6ヶ月以上 あること。 査証欄余白は見開き2ページ必要。
5. 条件:商用、会議出席、宗教行事への出席。
6. 入国回数:多次。
7. 滞在可能期間:入国日より30日間
8. 滞在延長: 初めの30日間が終了した際、60日間延長できる。その後、2度目の延長でさらに90日延長できる。但し、入国日から180日を超えないこと。
入国管理局 Contact Here
9. 出国する証明:次の目的地へ行くための必要書類(該当者のみ)、滞在中の必要資金、往復または次の目的地への購入済み航空券。
10. 参考情報ウェブサイト(英文)

米Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
CDC: Traveler's Health
CDC: Traveling to Sri Lanka

世界保健機関 (WHO)
WHO: General Travel Advice
11. 予防接種又は予防薬の国際証明書 (INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)(英文): 以下のリストにある国から出発し、10日以内に到着する、1歳以上の渡航者は提出必須。乗り継ぎでこれらの国の空港に12時間以上滞在した渡航者も含む。

黄熱ワクチンと追加接種は一生涯有効であり、月齢9ヶ月以上から受けることができます。
12. 以上の要件: 急に変更される可能性もあるため、最新情報については お問い合わせ または大使館へご確認ください。
13.

入国条件

日本在住者は制限が

少なくなっています



完全なワクチン接種を受けた旅行者は、出発前および到着後のCOVID-19 PCR/ Rapid Antigenテストが免除されます。

検疫は必要ありません。

子供には到着時のPCR検査はなく、両親との旅行が許可される。

すべての旅行者(完全な予防接種を受けているかどうかにかかわらず)に、1ヶ月75,000米ドルをカバーする12米ドルのCOVID 19保険が義務付けられています。サインインで利用可能です。

2021年2月2日より、休暇目的の渡航者は全て スリランカETAを入手する必要があります。

到着・滞在の条件 "Hello Again" (英文)and Brochure (01/06/2021)(英文)

IATA トラベルマップ 世界各国の入国規制(英文)

CDC Covid-19 トラベルマップ 渡航先別(英文)

今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日:2022/05/31
  collapse
団体観光査証 ¥5000

詳細な要件を表示

1. eビザ:(Sri Lanka ETA) 作成する場合は ログインまたは登録をクリック。
2021年2月2日より、渡航者は全て、到着前に Sri Lanka ETA の入力が必要です。
2. 有効期間: 入国日から30日間。6ヶ月まで延長可。
3. 査証発給:提出から72時間以内。現在発給停止。当面査証は必要。
4. パスポート:残存有効期間が入国予定日より6ヶ月以上 あること。 査証欄余白は見開き2ページ必要。
5. 条件:観光、友人・親戚訪問、治療目的(アーユルベーダ含む)。または、商用、会議出席、宗教行事への出席。
6. 入国回数:ビジネスビザは多次。
7. 滞在可能期間:入国日より30日間
8. 滞在延長: 初めの30日間が終了した際、60日間延長できる。その後、2度目の延長でさらに90日延長できる。但し、入国日から180日を超えないこと。
入国管理局 Contact Here
9. 出国する証明:次の目的地へ行くための必要書類(該当者のみ)、滞在中の必要資金、往復または次の目的地への購入済み航空券。
10. 参考情報ウェブサイト(英文)

米Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
CDC: Traveler's Health
CDC: Traveling to Sri Lanka

世界保健機関 (WHO)
WHO: General Travel Advice
11. 予防接種又は予防薬の国際証明書 (INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)(英文): 以下のリストにある国から出発し、10日以内に到着する、1歳以上の渡航者は提出必須。乗り継ぎでこれらの国の空港に12時間以上滞在した渡航者も含む。

黄熱ワクチンと追加接種は一生涯有効であり、月齢9ヶ月以上から受けることができます。
12. 以上の要件: 急に変更される可能性もあるため、最新情報については お問い合わせ または大使館へご確認ください。
13.

入国条件

日本在住者は制限が

少なくなっています



完全なワクチン接種を受けた旅行者は、出発前および到着後のCOVID-19 PCR/ Rapid Antigenテストが免除されます。

検疫は必要ありません。

子供には到着時のPCR検査はなく、両親との旅行が許可される。

すべての旅行者(完全な予防接種を受けているかどうかにかかわらず)に、1ヶ月75,000米ドルをカバーする12米ドルのCOVID 19保険が義務付けられています。サインインで利用可能です。

2021年2月2日より、休暇目的の渡航者は全て スリランカETAを入手する必要があります。

到着・滞在の条件 "Hello Again" (英文)and Brochure (01/06/2021)(英文)

IATA トラベルマップ 世界各国の入国規制(英文)

CDC Covid-19 トラベルマップ 渡航先別(英文)

今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日:2022/05/31
  collapse
医療保険 ¥2500

詳細な要件を表示

1. eビザ:(Sri Lanka ETA) 作成する場合は ログインまたは登録をクリック。
2021年2月2日より、渡航者は全て、到着前に Sri Lanka ETA の入力が必要です。
2. 有効期間: 入国日から30日間。6ヶ月まで延長可。
3. 査証発給:提出から72時間以内。現在発給停止。当面査証は必要。
4. パスポート:残存有効期間が入国予定日より6ヶ月以上 あること。 査証欄余白は見開き2ページ必要。
5. 条件:観光、友人・親戚訪問、治療目的(アーユルベーダ含む)。または、商用、会議出席、宗教行事への出席。
6. 入国回数:ビジネスビザは多次。
7. 滞在可能期間:入国日より30日間
8. 滞在延長: 初めの30日間が終了した際、60日間延長できる。その後、2度目の延長でさらに90日延長できる。但し、入国日から180日を超えないこと。
入国管理局 Contact Here
9. 出国する証明:次の目的地へ行くための必要書類(該当者のみ)、滞在中の必要資金、往復または次の目的地への購入済み航空券。
10. 参考情報ウェブサイト(英文)

米Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
CDC: Traveler's Health
CDC: Traveling to Sri Lanka

世界保健機関 (WHO)
WHO: General Travel Advice
11. 予防接種又は予防薬の国際証明書 (INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)(英文): 以下のリストにある国から出発し、10日以内に到着する、1歳以上の渡航者は提出必須。乗り継ぎでこれらの国の空港に12時間以上滞在した渡航者も含む。

黄熱ワクチンと追加接種は一生涯有効であり、月齢9ヶ月以上から受けることができます。
12. 以上の要件: 急に変更される可能性もあるため、最新情報については お問い合わせ または大使館へご確認ください。
13.

入国条件

日本在住者は制限が

少なくなっています



完全なワクチン接種を受けた旅行者は、出発前および到着後のCOVID-19 PCR/ Rapid Antigenテストが免除されます。

検疫は必要ありません。

子供には到着時のPCR検査はなく、両親との旅行が許可される。

すべての旅行者(完全な予防接種を受けているかどうかにかかわらず)に、1ヶ月75,000米ドルをカバーする12米ドルのCOVID 19保険が義務付けられています。サインインで利用可能です。

2021年2月2日より、休暇目的の渡航者は全て スリランカETAを入手する必要があります。

到着・滞在の条件 "Hello Again" (英文)and Brochure (01/06/2021)(英文)

IATA トラベルマップ 世界各国の入国規制(英文)

CDC Covid-19 トラベルマップ 渡航先別(英文)

今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日:2022/05/31
  collapse

大使館連絡先の詳細

スリランカ民主社会主義共和国大使館
〒108-0074 東京都港区高輪2-1-54
ラフィーネ021
電話: 03-3440-6911 / 03-3440-6912 (ExT. 125)
Eメール: cypher@mfa.gov.lk
休日: 土、日曜、www.slembassyjapan.org/embassy_holidays
申請時間: 9:00-12:00
受領時間: 13:00-15:00
URL: www.slembassyjapan.org/consular / www.slembassyjapan.org/

(サインインが必要) (初めてご利用になる方)