Login/Register
1. 選択
2. 入力
3. 確認
4. 支払
5. 配送

グアム 公式渡航・入国書類

グアム への渡航書類を入手できます。
Skygate-visa.com (ドキュモンド) のサービスで、以下の書類を簡単に作成・提出できます。まず要件を確認、ログインします。続けて、渡航情報を入力、ワクチン接種証明書などをアップロードし、送信するだけです。あとはSkygate-visa.comにお任せください。

出国前および入国到着時の必要条件を理解するために、以下の各書類をご確認ください。

ESTA: 90日 (電子渡航認証) ¥3000

詳細な要件を表示

 

必須でない渡航の場合
一部制限


渡航者は全て、グアムへの便に搭乗する前に、新型コロナウィルス(COVID-19)の検査、問診、体温測定を受けます。(2021年7月24日現在)

また、全ての到着客は、滞在期間中または10日間(どちらか長い方)、DPHSSによる症状のモニタリングを受けます。新型コロナウィルス(COVID-19)のリスク評価は3段階に分かれており、それぞれ隔離の度合が異なります。

隔離手順: グアム入国渡航者(英文)

2021年5月15日より、FDA緊急使用許可を受けたCOVID-19ワクチン(ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン)を接種完了した渡航者は、接種内容の確認(verification)後、政府施設での隔離の対象外となります。対象外となる渡航者は、COVID-19の症状を自己モニターし、確認要件など該当するDPHSSのガイダンスを遵守すること。隔離措置なしでのグアム入国のためには、ワクチンの二次確認として自治体発行の接種証明書の取得とグアム健康申告フォーム(Guam HDF)へのアップロードが望ましい。

渡航者が以下に該当する場合、I-736 は不要になりました。
1) アメリカ合衆国への渡航に有効なビザを持っている。
2) 日本国民であり、現在ESTAに登録されている。
3) 米国市民である。

72時間前にグアム入国管理局に提出する書類:
1) グアム電子申告書: Guam EDF (英文)
2) グアム健康申告書: Guam HDF (公衆衛生社会サービス部門)

CDC Covid-19 トラベルマップ: 米国疾病予防管理センター(CDC)の渡航先リスク評価 (英文)


今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日:2022/01/18


グアム健康申告フォーム ¥3950

詳細な要件を表示

 

必須でない渡航の場合
一部制限


渡航者は全て、グアムへの便に搭乗する前に、新型コロナウィルス(COVID-19)の検査、問診、体温測定を受けます。(2021年7月24日現在)

また、全ての到着客は、滞在期間中または10日間(どちらか長い方)、DPHSSによる症状のモニタリングを受けます。新型コロナウィルス(COVID-19)のリスク評価は3段階に分かれており、それぞれ隔離の度合が異なります。

隔離手順: グアム入国渡航者(英文)

2021年5月15日より、FDA緊急使用許可を受けたCOVID-19ワクチン(ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン)を接種完了した渡航者は、接種内容の確認(verification)後、政府施設での隔離の対象外となります。対象外となる渡航者は、COVID-19の症状を自己モニターし、確認要件など該当するDPHSSのガイダンスを遵守すること。隔離措置なしでのグアム入国のためには、ワクチンの二次確認として自治体発行の接種証明書の取得とグアム健康申告フォーム(Guam HDF)へのアップロードが望ましい。

渡航者が以下に該当する場合、I-736 は不要になりました。
1) アメリカ合衆国への渡航に有効なビザを持っている。
2) 日本国民であり、現在ESTAに登録されている。
3) 米国市民である。

72時間前にグアム入国管理局に提出する書類:
1) グアム電子申告書: Guam EDF (英文)
2) グアム健康申告書: Guam HDF (公衆衛生社会サービス部門)

CDC Covid-19 トラベルマップ: 米国疾病予防管理センター(CDC)の渡航先リスク評価 (英文)


今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日:2022/01/18


グアム電子申告フォーム ¥2450

詳細な要件を表示

 

必須でない渡航の場合
一部制限


渡航者は全て、グアムへの便に搭乗する前に、新型コロナウィルス(COVID-19)の検査、問診、体温測定を受けます。(2021年7月24日現在)

また、全ての到着客は、滞在期間中または10日間(どちらか長い方)、DPHSSによる症状のモニタリングを受けます。新型コロナウィルス(COVID-19)のリスク評価は3段階に分かれており、それぞれ隔離の度合が異なります。

隔離手順: グアム入国渡航者(英文)

2021年5月15日より、FDA緊急使用許可を受けたCOVID-19ワクチン(ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン)を接種完了した渡航者は、接種内容の確認(verification)後、政府施設での隔離の対象外となります。対象外となる渡航者は、COVID-19の症状を自己モニターし、確認要件など該当するDPHSSのガイダンスを遵守すること。隔離措置なしでのグアム入国のためには、ワクチンの二次確認として自治体発行の接種証明書の取得とグアム健康申告フォーム(Guam HDF)へのアップロードが望ましい。

渡航者が以下に該当する場合、I-736 は不要になりました。
1) アメリカ合衆国への渡航に有効なビザを持っている。
2) 日本国民であり、現在ESTAに登録されている。
3) 米国市民である。

72時間前にグアム入国管理局に提出する書類:
1) グアム電子申告書: Guam EDF (英文)
2) グアム健康申告書: Guam HDF (公衆衛生社会サービス部門)

CDC Covid-19 トラベルマップ: 米国疾病予防管理センター(CDC)の渡航先リスク評価 (英文)


今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日:2022/01/18



大使館連絡先の詳細

アメリカ合衆国大使館
〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5
電話: 03-3224-5000 (If require a response, contact by phone or postal mail.)
E-メール: japan2.usembassy.gov/e/info/tinfo-email.html
休日: 土、日曜、両国祝祭日
URL: jp.usembassy.gov/embassy-consulates/tokyo/
URL, visa: jp.usembassy.gov/visas/

(サインインが必要) (初めてご利用になる方)